インプラント手術で使われる歯科用語を詳しく丁寧に解説するサイト『インプラントの歯科用語集』

●●●基本的な用語●●●

【インプラント】

インプラントとは、歯を失った箇所に人工歯根を埋め込み人工歯の支柱とする施術です。
埋入される人工歯根を指してインプラントと言うこともあります。
入れ歯やブリッジとは異なって歯根を持つため、他の歯に負担をかけることなくしっかりと
噛むことが可能です。

【インプラント矯正】

矯正歯科において使用するインプラントのことです。
矯正用のインプラントを顎の骨に埋入し、そこを支点にして歯を移動させます。
これはチタンでできていて顎の骨と結合する性質があり、この性質を利用する事で安定した
力で歯を移動させる事ができます。
ワイヤーでの矯正の場合は、ワイヤーで繋がった歯と歯がお互いに引っ張り合う事によって
歯を移動させるのですが、お互いの歯が引っ張り合いながらそれぞれ移動してしまうので
引っ張る力が安定しませんでした。
その点、インプラント矯正では矯正用に作られたインプラントを顎の骨に埋入し、そこを
支軸として歯を動かすことにより、今までの矯正治療では難しかった歯の動きを可能とし
治療期間の短縮を実現しました。
ワイヤーの矯正で2〜3年かかる症例が、インプラント矯正では約半分に短縮が可能です。

【1回法】

インプラントの手術方法のひとつで、1回目の手術でインプラント体に仮のアバットメント
を設置して歯肉より頭を出しておくため、アバットメントを設置するための2回目の手術を
必要としない方法です。
おもに初期固定の良い場合や、審美的なことを考慮にいれなくて良い平易な部位で行われ、
症例によっては行えない場合があります。

【2回法】

インプラントの手術方法のひとつで、幅広い症例に適応できる基本的な手術方法です。
1回目のインプラント手術でインプラント体を骨に埋め、インプラントが骨結合後に頭出し
をおこなう2次手術を行い、義歯を装着します。
おもに初期固定の悪い場合や骨造成が必要な場合、審美的な考慮が必要な難易度の高い部位
で行われる手術方法です。