インプラント手術で使われる歯科用語を詳しく丁寧に解説するサイト『インプラントの歯科用語集』

●●●パーツ●●●

【アバットメント】

インプラントの本体であるフィクスチャーに連結して、人工の歯冠部を装着するために歯肉
の外に露出し人工歯の支台とする支台装置のことです。
フィクスチャーとアバットメントが一体型のインプラントもあります。
インプラントの上部構造は天然歯との連結をできるだけ避けたほうがトラブルが少ない、と
最近では考えられるようになり、単冠もしくはインプラント同士の連結冠が選択される傾向
になってきました。

【インプラント体】

インプラントの、天然歯でいう歯根にあたる部分です。
現在では生体と親和性の高いチタンで作られたものが主流で、純チタン製のものや、チタン
の周辺にハイドロキシアパタイトという歯や骨の成分をコーティングしたインプラント体が
存在します。

【アクセスホール】

上部構造物(インプラントの歯の部分)に空いている穴です。
上部構造物とアバットメントを、スクリューで止める為にあります。

【アストラ社】

スウェーデンのインプラントメーカーです。
インプラントショルダー付近にマイクロスレッドがあって、骨吸収を起こしにくい優れた
インプラントを製造しています。